あるじの小言

「あるじの店」(BAR Virgo)や洋酒(特にウイスキー)、スコットランド、まれに赤坂について書いています。

イングリッシュ・ウイスキーが

barvirgo2009-12-09

もうすぐ発売になります。
イングリッシュってイングランドって事? って思われた方もいらっしゃると思いますが、まさしくその通り、イングランドです。
そのイングランドで約100年の時を経て、ウイスキーが造られ、そしてついに今月発売されるのです。
〜って事は知っていたのですが、しかしすっかり忘れてもいました。
そうしたら忘れるなと言わんばかりにこのニュースが飛び込んで来たんですよね。
だからこのウイスキーが日本で発売されるのかどうかはまだ分からないのですが、ニュースピリッツは発売されているので、何かしらは入ってくるでしょう。
で、因みにこのイングリッシュウイスキー、造っているのはSt. George's distillery、2006年から生産を始め、今までに4種類のニュースピリッツをリリースしています。
ピートを焚いた物と焚いていない物2本ずつで、ニューメークと18ヶ月物ですね。
で、最初のウイスキーとしてデキャンタ入りの第5弾もあったらしいのですが、これは既にソールドアウト(完売)になっていました。
まっ!デキャンタは特別仕様だと思うので入手出来なくてもよいのですが、実際に今度のクリスマスに合わせ発売されるのは、ピートを焚いていないモルトの方で熟成がバーボン樽の物と、3年熟成の最後半年をラム樽で熟成させた物の2種類のようです。
それで、このイングリッシュ・ウイスキーのサイトを見ると、このイングランド唯一のウイスキーは12月16日から買えるようです。
またピートを焚いてある方は、来年5月の発売で、現在は予約を受け付けているようです。
どうです?ウイスキー好きの皆さん、こうして紹介したイングリッシュウイスキー、ちょっと気になりませんか?自分はちょっと気になるし、出来れば入手しようと  思っています。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村