あるじの小言

「あるじの店」(BAR Virgo)や洋酒(特にウイスキー)、スコットランド、まれに赤坂について書いています。

ウイスキーロッホ再び?

f:id:barvirgo:20190821143954j:plain:right:w400Is a second ‘whisky loch’ brewing?という記事があったので、この記事からあるじも感じた事を書いてみたいと思います。

因みに右のグラフは1971年から2011年まで40年間のスコッチウイスキー生産量、モルトとグレーンそれぞれに全体の生産量の推移を表しています。

ご覧頂くと分かるとおり結構な上げ下げがありますが、1980年代の落ち込みがよく分かると思うのです。
なにしろこの時代は20以上もの蒸溜所が閉鎖に追い込まれましたからね。
そして90年代になって上げ下げが続き、2000年以降はほぼほぼ右肩上がりとなっているのが分かります。
またこのグラフにはありませんが2011年以降も落ち込んだ年もありましたが、傾向的には右肩上がりが今も続く状況です。
そんな中日本でもNHKの朝ドラ「マッサン」以降ウイスキーブームが興り今では原酒不足でウイスキーが足りていない。なんて状況まで生まれています。
ウイスキー不足は困りますが、ウイスキーを飲んでくれる方、興味を持ってくれる方が増えたのはあるじとしても嬉しい事だと思っています。
まっ、そんな世界的にも空前のウイスキーブーム、とはいえここ数年はジンなど他のお酒もブームになりだしていますし、ここまでのウイスキーブームに乗ってそれこそ世界各地で新しいウイスキー蒸溜所が出来、ウイスキーの生産量は増え続けているのです。
これは日本もそうですし、もちろんスコットランドもです。
で思うのがこんなに増えて大丈夫なのだろうか?
それも生産量というより新しい蒸溜所が、です。
少し前まではあるじも新しい蒸溜所が増え楽しみが増えるし嬉しいなと思っていたんですが、それにしてもです。
ちょっと増えすぎなんじゃないかと思うのです。
Is a second ‘whisky loch’ brewing?という記事はスコットランドの話ですが、スコットランドウイスキー製造に関する法律がしっかりしていて、また新しく蒸溜所つくりにも今まで以上に環境に配慮しないと建てられないので、新しい蒸溜所が出来、そこで造られるウイスキーがちゃんとしたウイスキーだとしても、こんなに増えて大丈夫なんだろうか?1980年代ウイスキーロッホといわれたウイスキー不況が再び起こるんじゃないか?と憂えています。
スコットランドでさえウイスキーの生産量や蒸溜所がこんなに増えて大丈夫なのか?って記事が出たのを見た時、日本はどうなんだろうとあるじ的にはちょっと心配になったのです。
もちろん増えて嬉しい気持ちもありますし、日本にはちゃんとしたジャパニーズウイスキーの定義を作ろうという機運はありますが現状定義は無いに等しい状況です。
そうするともちろんしっかりとした考えに基づき何処に出しても恥ずかしくないウイスキーを造るメーカーも誕生すれば、出せば売れるからウイスキーを造ろうと考え、ウイスキーというものがどういうものかは考えず造りだすメーカーも出てきている感じがしてより不安にもなってしまうのです。
確かに今はジャパニーズウイスキーは品不足で人気も高まってます。
ただそれはちゃんとしたウイスキーを今まで造ってきた皆さんの努力があったからで、今後色んなジャパニーズウイスキーが誕生し玉石混合、それもちゃんと造っているウイスキーなら良いですがそれがウイスキーなんて物も増えると・・・、不安になりますよね。
素晴らしいジャパニーズウイスキーがあってもこんな作り方した物はウイスキーじゃないってジャパニーズが1つ出て海外で取り上げられたら場合によっては全てのジャパニーズウイスキーの信用も無くしかねません。
まあ既にジャパニーズウイスキーに疑問を持つ記事は海外で幾つか書かれていますしね。
そしてウイスキーの信用が無くなり飲んでくれる人が減ってしまうのが本当に心配なのです。
ブームだって何時まで続くか分かりません。
今造っているウイスキーが世に出るにはまだ何年も掛かるのです。
ウイスキーが飲み頃になったときに飲む人がいなければ・・・
何はともかく上手くまとめる事は出来ませんが、ウイスキーロッホが起こらない事を切に願うあるじなのでした。

Highland Park Valfather(ハイランドパーク ヴァルファーザー)

f:id:barvirgo:20190820144853p:plain:right:w400
ハイランドパークのヴァイキングレジェンドシリーズ第3弾、シリーズ最後を飾る「ヴァルファーザー」のリリースが発表されました。
限定品ではありますが今月から順次世界中で販売されます。
シリーズ第1弾(ヴァルキリー)も第2弾(ヴァルクヌート)も販売されたので当然日本でも販売されるはずです。
で「ヴァルファーザー」、ヴァイキングレジェンドシリーズの第1弾・第2弾同様北欧神話にフューチャーし、北欧神話の主神オーディンをイメージしその別名を付け造られたそうです。
そういえばヴァルハラコレクションにもオーディンは登場しているのである意味2回目の登場です。
そして「ヴァルファーザー」、年数表記無しのアルコール度数47%、100%リフィルカスク使用でナチュラルカラーでボトリングだそうです。
また主神オーディンを表しているので、ハイランドパークの中でも最もピーティなウイスキーでもあるそうです。
但し100%リフィルとしか書かれていないので、もともとがヨーロピアンオークのシェリー樽なのか?アメリカンオークのシェリー樽なのか?またはバーボン樽なのか?そのあたりは今度代理店の方にでも聞いてみたいと思います。
それで価格が英国で60ポンド、まあ日本円にして8,000円弱なので日本だったら7,000円前後で販売されるんじゃないかと思われます。
そして味わい、味わいは下にブランドアンバサダーMartin Markvardsen(マーティン・マークヴァーゼン)氏がテイスティングしながらコメントしている動画を貼るので、そちらをご覧下さい。
字幕付きなので分かりやすいです。

ダウントンアビーの

f:id:barvirgo:20190815122410j:plain:right:w320
ウイスキーとジンが来月の映画公開に合わせ英国とアメリカで発売されるそうです。
あるじもヨメと一緒によく観ていた英国ドラマ「ダウントンアビー」、日本では公開されるかどうかは分かりませんがドラマのその後が映画となって来月公開されるのです。

この「ダウントンアビー」の映画公開に合わせ「ダウントンアビー」の舞台となっているヨークシャーにあるHarrogate Tipple(ハローゲート・ティップル)という蒸溜所がウイスキーとジンを造り発売する事になったんだそうです。
ラベルにも「ダウントンアビー」に出てくる居城がプリントされていますからちゃんとしたコラボレーションスピリッツだと思われるので、ウイスキーはブレンデッドですがちょっと欲しい気がしてしまいました。
アルコール度数は43%で価格は35ポンド、日本円にして5,000円もしないのです。
11月にスコットランドスコットランドも当然英国、ヨメも「ダウントンアビー」が大好きだったし・・・
買って帰るか?味は期待しないけど気になるウイスキー&ジンが発売される、そんな今日の「小言」です。
そしてきっとあるじとヨメ以外にも「ダウントンアビー」ファンは多いと思うので、きっと皆さんも欲しいと思うあるじなのでした。

Bimber Single Malt London whisky (ビンバー シングルモルト ロンドンウイスキー)

f:id:barvirgo:20190815151541j:plain:right:w350というイングランドの首都ロンドンで造られているシングルモルトウイスキーの初めてのリリースが来月13日と発表されました。
ロンドンでウイスキー造りが始まっているのは知っていましたし、それも1つや2つでもないので発売されるとなってもそれほど紹介するほどでもと思っていたんですが・・・
このBimber(ビンバー)、買った方が皆そうするかどうかは別にして、飲む人に買って欲しい、コレクターや転売目的の人には買って欲しくないとちょっとした提案をして販売するんだそうです。
その考え、飲む人に買って欲しいんだというのが気に入って、今回は紹介する事にしました。
まずビンバー、ロンドンの西ロンドンの中心部からウェンブリーに向かう途中ぐらいの場所に在ります。
ここで創業が2015年、シングルモルトウイスキーの生産を始めたのが2016年、なので2016年から3年経過した今年、初のシングルモルトウイスキーをリリースする事になったようです。
で、今回最初にリリースされるウイスキーは、ペドロヒメネスシェリー樽で3年熟成させた原酒5樽分、アルコール度数はカスクストレングスで54.2%、リリース数は1,000本だそうです。
販売される場所はオンラインリテイラーのThe Whisky Exchange (ザ・ウイスキー・エクスチェンジ)で800本、残り200本は海外での販売だそうです。
それで価格は120ポンド、日本円にして15,000円超、ちょっと高いですがまっお祝い価格ってところでしょう。
そしてここから、ビンバーではこのウイスキーを買われた方を対象としたコンペティションを行ない、購入したウイスキーのボトルからコルクを抜いた写真をSNSに #WeAreBimber のハッシュタグをつけて投稿された方から最大10名様にプライベートテイスティングパッケージ(おそらくセカンドリリース?)が当たるようにするそうです。
流石にコルクを抜いたら転売で高く売るのは難しくなりますからね。
まっ!それでも転売目的の購入者は出るのでしょうが、少しでも飲んでほしいという気持ちは伝わったので、宜しければ皆さんもザ・ウイスキー・エクスチェンジであれば日本からでも買いやすいので、ご購入を検討されてみては如何?

La Alazana(ラ・アラザナ)

f:id:barvirgo:20190808024912j:plain:right:w350
というシングルモルトウイスキーがなんとアルゼンチンにありました。
2011年に蒸溜所が立ち上げられ2016年にはWWA(ワールドウイスキーアワード)でBest Argentinian Single Malt Whiskyを受賞もしていました。
って言うかこのLa Alazana(ラ・アラザナ)がアルゼンチン最初のモルトウイスキー蒸溜所なんだそうですが、このラ・アラザナだけではなくMadoc(マドック)というシングルモルトウイスキーも今はあるようです。
まあ本当に世界中でウイスキーが、しかもモルトウイスキーが造られるようになっているんだなあとつくづく感じました。
でラ・アラザナ、まだまだ生産量も少ないようで、日本に居たらとうぶんの間は飲む機会もないのでしょうが、とりあえず知っておいても悪くはないんじゃないかと思い簡単に紹介します。
創業は先にも書いた通り2011年、所在地はアルゼンチンの南部パタゴニア地方のLago Puelo(ラゴ・プエロ)、首都ブエノスアイレスから飛行機で2時間ぐらいの場所だそうです。
既にシングルモルトウイスキーをリリースしているそうですが、現在リリースされているには原料のモルトを英国から仕入れたものだそうです。
とはいえ地域に根付いたウイスキーをと考えるのは日本のディスティラーと似ていて、やはり地元産の大麦を使って地元パタゴニアイーストを使い、「a field-to-bottle whisky made using barley grown and malted on site.」と謳っている様に畑からボトリングされてウイスキーになるまで地元でやり、そうして造った100%地元産のシングルモルトウイスキーが近いうちにリリース出来ると発表されたニュースを見て実はあるじもアルゼンチンにこんな蒸溜所が在ったんだと知ったわけです。
そしてまだまだ小さい蒸溜所ではあるそうですが、やはり拡張も考えているそうなので、何れ生産量も増え海外にも輸出されるようになり、日本でも飲める日が来たら・・・、なんて考えるとこのラ・アラザナの事を覚えておくのもいいんじゃないかと思っています。

PBOカクテル&バーフェスタ2019

f:id:barvirgo:20190805141028j:plain:right:w350
は、プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(PBO)が主催しているカクテルをメインにしたお酒のイベントで5月に行なわれているバーショーをコンパクトにしたようなイベントなんですが、あるじ的にはバーショーよりこっちの方がとても楽しめるイベントだと感じているのと、思いの外PBO関連の方以外は知られていないイベントのような気がしてここでも紹介する事にしました。
開催されるのは今月(8月)の25日(日)、時間は14時(午後2時)から、会場は東京・錦糸町にある東武ホテル レバント東京、そして入場券が前売り5,000円の当日6,000円です。

カクテルがメインなので色々なカクテルが飲めるのはもちろん、自分で作る体験や数に限りはあるようですがカクテルコンペで作られるカクテルが飲めて、飲んだ皆さんの投票でチャンピオンが決められたり、また協賛各社がブースを出しているのでその中にはやっぱりウイスキーを持ってきているところもあるのでそれなりにウイスキーを楽しむ事も出来るのです。
まあなどなど詳しい内容についてはこちらをご覧になって頂くとして、入場券はチケットぴあで購入出来ますので、あるじも遊びに行きますし皆さんも宜しければPBOカクテル&バーフェスタ2019、参加されてみては如何?

被弾ウイスキータンブラー

f:id:barvirgo:20190727153549j:plain:right:w330
なんていう面白いグラスが雑貨通販サイト、ヴィレッジヴァンガードで発売になったとの事なので、最近「小言」も書いていないしこんなグラスを紹介するのも良いかなあと思い紹介します。
このグラス、写真を見て分かる通りグラスに銃弾が当たった瞬間みたいに見えるんですが、実際にグラスの横に0.308口径の“本物の実弾”が一本埋め込まれているのだそうです。
なんか面白いですよね。
アメリカ製のハンドメイドだそうで、一つ一つが唯一無二のグラスなんだそうです。
それで価格が税込3,668円、送料は1つだと掛かってしまいますが2つなら送料は無料になりますし、自分用にはもちろんプレゼントにも楽しいグラスじゃないかと思うのです。
店で使うのはちょっとと思いますが、あるじもちょっと欲しいですしね!
なのでこのグラス、気になる方欲しい方はこちらヴィレッジヴァンガードさんのオンラインサイトをチェックしてみて下さい。