あるじの小言

「あるじの店」(BAR Virgo)や洋酒(特にウイスキー)、スコットランド、まれに赤坂について書いています。

ダブリンにまた1つ

f:id:barvirgo:20190612145019j:plain:right:w400
ウイスキー蒸溜所が誕生しました。
その名もRoe & Co distillery (ローアンドコー蒸溜所)、酒類業界最大手のディアジオが建てた蒸溜所です。
Roe(ロー)はGeorge Roe(ジョージ・ロー)、19世紀アイリッシュウイスキー黄金期を築いたディスティラーの名前からとったそうで、ディアジオとしては2017年からブレンデッドアイリッシュウイスキーを発売していたそうです。
そしてこの度アイルランドの首都ダブリン、やっぱりこの地区なのねと感じるリバティ地区、元ギネスパワーステーションの建物を改装して蒸溜所にしたそうです。
何であるじがこの地区と感じたかというと、リバティ地区にはティーリング蒸留所誕生以降、一昨年にはピアーズ・ライオンズ蒸溜所、そして今年2月にダブリン・リバティーズ蒸溜所が誕生していてこの蒸溜所で4つ目、またアイルランドイングランドに支配されていた時代が長いので、Liberties(自由)と名のつくこの地区への想いがアイルランドの方は強いのかなと思ったからです。
またこのリバティ地区内に4つの蒸溜所があるという現状は、見学を考えるウイスキー好きには堪らない状況になったなと感じました。
同地区にはギネスのストアハウスもありますしね。
でこの蒸溜所、ポットスティルを3基備え、2回蒸溜と3回蒸溜のシングルモルトウイスキーも造れれば、アイルランド伝統のシングルポットスティルウイスキーも造れるそうです。
そして何といっても最大の特徴が上の写真、中央に男性1人で後の8名は女性ですが男性はディアジオのCEO、Ivan Menezes(イバン・メネゼス)氏でこの蒸溜所のスタッフではありません。
そう残りの女性陣がこの蒸溜所のスタッフで、要はこのローアンドコー蒸溜所はマスターディスティラーからマスターブレンダー、またマーケティングダイレクターなど全て女性スタッフだけで運営される蒸溜所なんだそうです。
スタッフの中に何人か女性ではなく全て女性、蒸溜所の規模も決して小さくないので本当に凄い事だし素敵な事だと感じました。
今月21日からは見学も出来るそうなので、ダブリン内他の蒸溜所などと合わせ、あるじももちろん検討いたしますが皆さん是非ダブリンを訪れ、ローアンドコー蒸溜所の見学を検討されてみては如何?

The Millionaires' Club (ザ・ミリオネア・クラブ) 2019

f:id:barvirgo:20190611154233p:plain:right:w350毎年前年度の世界のお酒の売上げをまとめ、100万ケース(1ケース9L換算)以上売れたお酒の数量とランキングを発表しているThe Millionaires' Club(ザ・ミリオネア・クラブ)が先日2018年度の結果を発表しました。
まず全体ですが、スピリッツの売上げで見ると昨年は24億ケース、対前年で11.1%増えたそうです。
その中でも相変わらずウイスキーは好調で3億7,500万ケース、対前年2.8%増だそうです。
あとベースの数量が低いという事もあるのかもしれませんが伸び率で高かったのがテキーラ&メスカルで、対前年6.6%増だったそうです。
近年はジン・ブームの雰囲気が強いので、これはちょっと驚きでした。
そしてスピリッツ全体で一番売れたのは今年も「ジンロ」、7,800万ケースで第2位の「オフィサーズチョイス」(インディアンウイスキー)3,400万ケースの倍以上、韓国の皆さんどれだけ「ジンロ」飲んでんだ!って感じです。
また第2位、第3位(マクダウェルNo.1)はインディアンウイスキー、第7位・8位にもインディアンウイスキーと、ここも変らずインドの皆さんはよくウイスキーを飲むな!って感じです。
という訳であるじの大好きなウイスキーを見ていくと、上位は先ほど書いたとおりインドのウイスキーで1位に「オフィサーズチョイス」、2位に「マクダウェルNo.1」、3位「インペリアルブルー」の4位に「ロイヤルスタッグ」、そして5位にやっと世界ナンバーワンスコッチ「ジョニーウォーカー」、6位にアメリカナンバーワンウイスキーの「ジャックダニエル」が続くというここ数年変らない上位陣が形成されてます。
またサントリーが買収してからの「ジムビーム」の伸びが凄く、ここ数年で順位を大きく上げてきて昨年は前年比10%増の970万ケースの第8位、アメリカンウイスキーナンバーワンの「ジャックダニエル」(1,330万ケース)を伸び率から見ても射程圏に入ってきたのか?って状況になっています。
またサントリーの「角」も順位こそ1つ落として19位ですが、ついに500万ケースまで伸ばし、原酒の在庫の兼ね合いもあるとは思いますが、どこまで今後伸びていくのか気になります。
そしてもちろんニッカの「ブラックニッカ・クリア」も堅調に伸び、こちらは320万ケースで順位を2つ伸ばし24位まで上げてきました。
因みにあるじがこのザ・ミリオネア・クラブのチェックを始めた頃は「ブラックニッカ」は100万ケースに至らず掲載されていませんでしたから、隔世の感があります。
あとあるじ的に気になるのはスコッチで、まだまだブレンデッドの方が売れていますが、その中で「グレンフィディック」、「グレンリヴェット」は140万ケースに120万ケースとこの2ブランドだけが100万ケース以上売り上げていて、本当に凄いなと思います。
という訳で「ミリオネア・クラブ 2019」ウイスキー以外のカテゴリーのお酒についても当然100万ケース以上売れているものは全て紹介しているので、色々その他のお酒がどれだけ売れているのか気になる方はこちら、「ミリオネア・クラブ 2019」をご覧下さい。

The Islay Info App (ジ・アイラ・インフォ・アプリ)

f:id:barvirgo:20190607150414j:plain:right:w350
というスコットランドアイラ島の情報などが全て収まった、スマートフォンタブレットに対応したアプリが誕生しました。
もちろん現地で作られたアプリなので英語がメインですが、その他14ヶ国語に対応しています。
但し、残念ながら中国語があるのに日本語はありません。
そこの残念さはありますが、アイラ9つの蒸溜所の情報(オープンタイムやツアーについて)やレストラン情報、ショップ・観光地情報にイベント情報やタクシー情報などなど、本当にアイラに関する情報は全てカバーしているんじゃないかと思えるぐらい掲載しているそうです。
また嬉しいのはアプリで蒸溜所ツアーやレストランの予約、タクシーの配車なども出来るそうです。
もちろん上記に書いた以外にも沢山の情報が載っていてアプリ代は3.99ポンド、アイフォンで見ると日本円で現在480円でダウンロード出来るようです。
なのでアイラ島に行くと決めてからダウンロードされても良いですが、今からダウンロードして色々した調べして見るのも楽しいんじゃないかと思うので、こちらThe Islay Info Appをご覧になり宜しければ皆さんのスマフォ等にダウンロードしてください。

新潟でもウイスキー

f:id:barvirgo:20190604030551j:plain:right:w300
少し前の話になりますが、3月にフーデックス(国際食品・飲料展)に行った時、新潟麦酒のブースがありウイスキー事業に参入するという話を聞きました。
っていうか既に輸入原酒を使ってブレンデッドやピュアモルトウイスキーを造って販売していたらしく、先日アメリカで開催された「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2019」では金賞を受賞したそうです。
そしてこの新潟麦酒、今月にもモルトウイスキーの蒸溜設備が完成するらしく自社でもシングルモルトウイスキーの生産を始めるのだそうです。
なので今回のコンペティションで金賞を受賞したのは、自社でシングルモルトウイスキーを造るうえでの自信にもなったそうです。
なんて記事を見ていたら続けざまに新潟市の企業の出資で「合同会社新潟小規模蒸溜所」というのが今年3月に設立されたそうで、フォーサイスの蒸溜器を導入し来年4月の製造開始を目指す。なんて記事まで飛び込んできました。
新潟は日本酒が有名だから水も良い水が多いと思うので、ウイスキー造りにも適している可能性は大ですし、まあ実際に飲めるのまだまだ先ではあるのでしょうが、どんなウイスキーが出来るのか楽しみに待ちたいと思いますし、もしかするともう幾つか蒸溜所が誕生するなんて事があるかもしれないのでちょっと楽しみです。
という訳で下のリンクが元記事2本になります。
新潟麦酒のウイスキーが金賞受賞
新潟らしいウイスキー製造へ

WorldDutyFree(ワールドデューティフリー)

f:id:barvirgo:20190517150445j:plain:right:w350
先日フェイスブックで紹介しているんですが、これから夏になれば夏休みをとって英国に行くという方も「小言」を読んでくれている皆様の中には多いのではないかと思い、こちらでも英国の免税店WorldDutyFree(ワールドデューティフリー)、紹介します。
まあ英国圏に行けば帰りにお土産買うのに必ずといっていいほど立ち寄る免税店、そしてWorld of Whiskiesというウイスキーショップも傘下にあり、あるじもスコットランドへ行った帰りには間違いなく立ち寄りますし、皆さんもスコットランドを訪れれば帰りに寄って買い物をすると思うのです。
特に空港免税店は、そこでしか売っていないウイスキーも数多くありますしね!
ただ、時と場合によりますが乗り継ぎまでの時間が短いなどゆっくり免税店を覗いている暇がない時もあると思うのです。
そこで便利なのがこちらワールドデューティフリーのサイトなのです。
このワールドデューティフリーのサイトでゆっくり欲しいウイスキー(もちろんウイスキー以外も可)を探して予約する事が出来るのです。
そして帰ってくる日の日付とターミナルを選べば取り置きしてくれるので、当日行って探す手間もなくまさかの品切れなんて事もなく買う事が出来るのです。
なので、もちろん自分で探して買ってくるのも楽しいですが、もし時間が無いと分かっている時などは、こちらのサイトで欲しいウイスキーを予約しておく事をお勧めします。
また時間があるにしても予約しておけば空いた時間に他の事も出来ますしね。
という訳で、英国に行かれる際はワールドデューティフリーのサイトのご利用を検討してみては如何?
因みに予約出来るのは1ヶ月先までです。

The Holyrood Cask Program(ホリールード・カスク・プログラム)

f:id:barvirgo:20190511153910p:plain:right:w350
今年7月に約100年ぶりにスコットランドの首都エジンバラの市内にオープンするHolyrood Distillery(ホリールード蒸溜所)、最近ではよくある新規蒸溜所オープン時の樽売りをこの蒸溜所も行なうのですが、この売り方が凄いので紹介します。
まず販売する樽の数は100樽、サイズはバレル(200L)・ホッグスヘッド(250L)・バット(500l)で樽種はバーボン、ポート、シェリーなどなどetc選べるそうで、まあここまでは他の蒸溜所でもよくある売り方なんですが、ここからが凄いのです。
自分が買う樽というか原酒をカスタマイズ出来るのです。
どうカスタマイズ出来るのかというと、ホリールード蒸溜所のヘッドディスティラーDr Jack Mayo(ドクター、ジャック・マヨ)氏と創業者の1人でもあり元マッカラン蒸溜所のマスターディスティラーDavid Robertson(ディヴィッド・ロバートソン)氏の手助けを受け、モルトをどう乾燥させるのか?とか、どんなイーストを使ってどのぐらいの時間醗酵させるのか?とか、蒸溜に関してはどのくらい時間を掛け、どこでカットするのか?など自分でどんなウイスキーを造りたいのか?それにあわせて造られた樽(原酒)にカスタマイズしてくれるそうなのです。
これって凄くないですか!
預かり期間は基本10年だそうなので、10年後にまたどんな味わいのウイスキーになるかは分かりませんが、モルトの乾燥が選べるという事はピーテッドでもノンピーテッドでも、それにピートの焚き加減も選べるということですし、醗酵や蒸溜ではフルーティさなどの香りや質感、そして樽も大きさや材でよりフレーバーに違いが出るので、それを自分の飲みたいタイプを伝える事で色々アドバイスをくれ選んでくれるというのですから・・・
ウイスキー原酒樽の販売方法としてはかなり画期的だと思うのです。
で、因みに樽代は上記に記した事をしてもらう為のコンサル料に10年間の預かり代、保険料、ボトル代、ラベル代、サンプリング代込みでバレルが4,500ポンド日本円にして約68万円、ホッグスヘッドが5,500ポンド約83万円、そしてバットが10,500ポンド約160万円弱だそうです。
もちろん10年後にはその時の税金や輸送量など別途諸経費が掛かりますが、一樽から取れるウイスキーの本数を考えると決して高くないと思うのですが如何でしょう。
という訳で興味をもたれた皆様、もっと詳しく知りたいという方はホリールード蒸溜所のこちらのサイトを訪れ、そしてメールで問い合わせをしてください。

5/18(土)はWorld Whisky Day (ワールド・ウイスキー・デー)!

f:id:barvirgo:20190510142149j:plain:right:w650さて来週末、5月の第3土曜日(今年は5/18)は、World Whisky Day(ワールド・ウイスキー・デー)といって、世界中でウイスキーを楽しもうという日です。
これは2012年に当時スコットランドアバディーン大学の学生だったBlair Bowman(ブレア・ボウマン)氏が提唱して始まり、初年度は故・マイケル・ジャクソン氏の誕生日でインターナショナル・ウイスキー・デーの3月27日に世界各地で行なわれましたが、2013年から5月の第3土曜日に行なわれるようになり、今年で8回目を迎えるワールドワイドなウイスキーのイベントです。
ただイベントといってもこの日に合わせ、世界中のウイスキー好きの皆さんがそれぞれにウイスキーを楽しもうじゃないか!的な感じのイベントなのです。
 
なのでこの日(今年なら5/18)の前後に世界中で色々なウイスキーイベントが計画され、それがワールド・ウイスキー・デーのページには登録出来るので、もちろん全てではないですが各国で行なわれるウイスキーのイベントがこのサイトで紹介されているのです。
それであるじも登録していないのでこんな事を言うのもなんですが、このワールド・ウイスキー・デーのページには日本で行なわれるウイスキーのイベントが1つも登録されていないんですよね~・・・
おそらくワールド・ウイスキー・デー自体はご存知で、何かイベントやりますよ!って方は日本国内どこかにいらっしゃるとは思うのですが、ちょっと寂しい気がしてます。
まっ、あるじが自分の店でイベントを企画して載せれば良いのでしょうけど・・・
でそれは措いておいて、皆さんには是非来週末5/18(土)がワールド・ウイスキー・デーだという事を認知して頂き、この日を利用し友人・知人巻き込んで、思いっきりウイスキーを楽しんでもらいたいなと思うあるじなのです。
そして日本でもワールド・ウイスキー・デーを楽しんでいるんだという事を世界中の方達に知って頂くべくハッシュタグ #WorldWhiskyDay #worldwhiskyday を付け、フェイスブックツイッター・インスタグラムなどSNSに動画や写真をアップして、日本でもワールド・ウイスキー・デーを楽しんでいるんだ!という事を世界に発信して頂けたらなと思います。