あるじの小言

「あるじの店」(BAR Virgo)や洋酒(特にウイスキー)、スコットランド、まれに赤坂について書いています。

スコッチウイスキーの輸出2019

f:id:barvirgo:20200215152654p:plain:right:w380英国のHMRC(歳入税関庁)が昨年のスコッチウイスキーの輸出について発表しました。
まあそんな数字なんて関係ないと思われるかもしれませんが、なんとなく数字から見えてくるものもあるかもしれませんので簡単にその数字など紹介します。
まずは輸出額、£4.91billionとなっていますから49億1千万ポンド、日本円にしておよそ7,120億円と前年比で約4.4%増えたそうです。
そして輸出量、こちらはボトル1本700ml換算で13億1千万本、前年比で2.4%増えたそうです。なんと毎秒42本も輸出されていたのだそうです。
毎秒42本なんて言われてもよく分かりませんが、凄い数だと思うんですよね~…
で、輸出額前年比4.4%増のなか特に伸びたのがアフリカとアジアのマーケットだそうで、アフリカが9.8%、アジアが11.3%だったそうです。
因みにアジアの伸びは台湾とインド、そして皆さんも感じているとおりウイスキーブームが続く日本です。
台湾は一時期数字が落ち込んでいたんですが、昨年は前年比22%増の£205m、日本円にして約300億円分のウイスキーが輸出されていたそうです。
しかし輸出量を見るとベスト10に台湾は無いので、数より質という事で如何にブレンデッドよりシングルモルトが売れているのかが分かり、台湾人のシングルモルトウイスキー好きが見えて面白いです。
またインドは数年前から関税が下がっているうえにウイスキー文化が根付いている国なので、前年比19.7%増というのは納得の数字だと感じました。
そしてあるじが注目したのは当然の如く日本です。
日本はウイスキー不況時代が長くスコッチの輸出額がベスト10に入るなんてここ10数年無かったんですが、昨年はついに前年比16.1%増の£147m、日本円にして約213億円分のウイスキーが日本に入ってきていたそうで、英国の輸出先・輸出額ランキング8位とベスト10内に久々に入ってきたのです。
また本数も凄く700mlボトル換算で6,000万本、前年比19.7%増で輸出量ランキングでなんと4位にまで上がっていました。
なんだかそんなに日本にスコッチウイスキーが入ってきているのかと思うと、ウイスキー特にスコッチウイスキー好きのあるじとしては凄く嬉しくなりましたね。
てな訳で、ちょっとあるじが今回注目した日本を含むスコッチウイスキーの輸出額と輸出量のベスト10に入った国をそれぞれ下記に貼っておきますので宜しければご覧下さい。
なるほど~と思うものもあれば、へぇ~って思うものもあって面白いと思います。
輸出額トップ10 (国名:金額:前年比)
1.USA: £ 1,069m +2.8% on 2018
2.France: £ 432m -2.4% on 2018
3.Singapore: £300m -6.3% on 2018
4.Taiwan: £205m +22% on 2018
5.Germany: £184m +5.6% on 2018
6.Spain: £180m +4.8% on 2018
7.India: £166m +19.7% on 2018
8.Japan: £147m +16.1% on 2018
9.Latvia: £142m +8.1% on 2018
10.Mexico: £121m -8.1% on 2018
輸出量トップ10 (国名:本数:前年比)
1.France: 173m bottles -7.9% on 2018
2.India: 131m bottles +16.1% on 2018
3.USA: 127m bottles -7% on 2018
4.Japan: 60m bottles +19.7% on 2018
5.Spain: 56m bottles +1.7% on 2018
6.Mexico: 51m bottles -14% on 2018
7.Germany: 50m bottles +8.3% on 2018
8.Singapore: 44m bottles -1.6% on 2018
9.Brazil: 43m bottles +10% on 2018
10.South Africa: 42m bottles +0.2% on 2018

グレンモーレンジィのプライベートエディションは

f:id:barvirgo:20200204170513j:plain:right:w365昨年の「Allta」で終了だったそうです。
どうりでアナウンスが無いなとは思っていましたが、まあ仕方ないですね。
まあプライベートエディションが無くなったからといって、 グレンモーレンジィが新商品をリリースしなくなるわけじゃなし…
という事で新たにリリースされるグレンモーレンジィの情報が少し入ってきました。
それが写真の「Glenmorangie 15yo The Cadboll Estate(グレンモーレンジィ15年 カドボール・エステート)」です。
これはグレンモーレンジィが所有するカドボール・エステート、要はカドボールに在る自社の所有地で栽培されて大麦のみを使い蒸溜から熟成まで全てを自社で行なったグレンモーレンジィ初のシングルエステーウイスキーという位置付けの商品だそうです。
f:id:barvirgo:20110920153554j:plain:left:w380左の写真、これはカドボールにあるグレンモーレンジィ・ハウスの周りですが、おそらくこの場所で収穫された大麦を使って仕込まれたウイスキーなんだろうと思われます。
なので昨年のプライベートエディションの「Allta」が、ここの大麦とこの場所で見つけた野生の酵母を使って造られたウイスキーだったので、その流れを継いでいるといえば継いでいるのかもしれませんね!
それにプライベートエディションじゃないとはいえ限定品には変わらないですしね。
こんなグレンモーレンジィの新商品、ボトルにも「15」と表記されているように最低15年熟成の年数表記商品でアルコール度数は43%、熟成はファーストフィルのアメリカンオーク・バーボンバレルだそうです。
ボトルにもしっかりとAmerican oak bourbon casksと表記があるので、おそらくグレンモーレンジィがよく使っている「ジャックダニエル」の樽は今回使われていないって事なんだろうと思われます。
というのが今のところあるじが分かっている情報で、海外では来月発売らしいのですが日本は…
となると何時発売なのか?または幾らなのか?などはまだ分からないのでグレンモーレンジィ好きの皆さんは、これから出る情報を楽しみにお待ち下さい。
因みにあるじはカドボール・エステートにはちょっと想いがあるので、この「グレンモーレンジィ15年 カドボール・エステート」、発売されたら店で仕入れようと思っています。

Cask & Still (カスク&スティル)

f:id:barvirgo:20200204152739j:plain:rightスコットランドの雑誌(サイト)がウイスキーファン及びお酒好きのためのフリーアプリをリリースしてくれました。
それが表題のCask & Still (カスク&スティル)というアンドロイドにもアップルにも対応したアプリで、スコットランドの蒸溜所であったりバー・パブであったりショップであったりと、スコットランド現地でのお酒シーンで皆さんが必要とする情報を見つけられるようにと開発されたアプリだそうです。
但し、まだエジンバラとスペイサイドの情報が幾つか掲載されている程度ではあります。
とりあえずアプリのリリースを行ない、色んな情報はこれから順次アップしていくのだそうです。
なのでこれから色んな情報がアップされていくと、エジンバラならこのバーに行って飲むか!とか、グラスゴーならこのバーに行って飲もう!またお土産ウイスキーはここで売っているのね!などその場所に行く為の地図も見られるので、スマフォにこのアプリを入れておいても良いんじゃないかと思うんですよね。
実際あるじは既にこのアプリを入手しましたしね。
なので皆さんも将来スコットランドを訪れる計画があるのなら Cask & Still、入手してみては如何?

ミクターズ・セミナー ~その2~

f:id:barvirgo:20200131133436j:plain:right:w380さて、ミクターズのセミナーで伺ってきた話の続きですが、前回最後にミクターズには6つの拘りがあるので次回はその事を、と書いたのでその6つについてどんな拘りなのか簡単に紹介させて頂きます。
まあとても見難くて申し訳ないのですが、右の写真にまずその6つの拘りが書いてあります。
なので上から1つずつ紹介させて頂きます。
まず1番上にはAir dry or kiln dry our custom barrelsと書いてあり、樽材の乾燥の事なんですが、他ではそこまで時間はかけないだろうというぐらい自然乾燥に時間を取っていて最低で18ヵ月、長い場合は36ヶ月もかけているそうです。
そして2番目にはToast our barrels before they are charredと書いてあり、樽の内部を焼くのにチャーだけでなくトーストもするトースト&チャーという、より樽材の成分が原酒に溶け出しやすい焼き方をしているそうです。
そして3番目はEnter our rye and bourbon into barrels at lower proof (51.5% ABV vs.Industry standard 62.5%) と書いてあり、これも他の蒸溜所の多くが62.5%で樽詰めしているところ、ミクターズでは51.5%で樽詰めをしていると謳っています。
この51.5%の樽詰めは、セミナーに見えていた輿水氏も結構気にされていました。
で4番目、ここにはHave greater "Angel's Share ”from heat cycling our rye and bourbon barrelsと書いてあり、エンジェルシェア(蒸散)が多くなってもと貯蔵庫にエアコンを入れて加温もしているそうです。
因みにセミナー後にちょっとエンジェルシェアがどのぐらいなのか伺ったところ、1年目が7%で2年目以降はだいたい4%ぐらいだそうで加温するのは10月から3月ぐらい、また実は加温するだけでなく樽の状態を見て樽を置く場所も変えているんだそうです。
そして5番目にはTake individual chill filtration approach for each productと書いてあり、原酒を濾過する際のチルフィルトレーションを樽(原酒)の状態を見て都度都度変えて行なっているそうです。
これには輿水さんも本当に良くやるな的な事を仰っていましたね。
そして最後6番目にはProduce only single-barrel or truly small batch whiskeysと書いてあり、ボトリングはシングルバレルか若しくはスモールバッチで、そのスモールバッチもただスモールバッチと謳っているだけで結構な数の樽を1回のバッチで使用する蒸溜所があるところ、ミクターズでは多くても20樽と本当に厳選した樽だけをボトリングしているそうです。
f:id:barvirgo:20200131135853j:plain:left:w275f:id:barvirgo:20200131140131j:plain:right:w275てな訳で上の2枚の写真はセミナーで輿水さんがミクターズに共感を覚えた事と、注目したモノづくりとしてスライドにあげたものです。
ミクターズ側が拘りとしてあげた6点以外に輿水さんはバーボンとしては熟成年数が長いという点や、日常的に機器を使った分析をしているのはサントリー以上だと仰っていました。
あと個人的に伺った点としては、前回の「小言」でも書きましたがミクターズにはフェーズ・ワンからフェーズ・スリーまで3つの時代の原酒があり、現在市場に流通しているミクターズはどのフェーズなのか?気になったので聞いてみました。
結果、長熟のものは当然フェーズ・ワンで、バーボンとライはフェーズ・ツーとフェーズ・スリーが混在、そしてサワーマッシュに関しては今のところまだフェーズ・ツーをリリースしているそうです。
そして最後個別の質問に答えてくださったMatthew氏曰く、ミクターズはこれからもっともっと美味しくなっていくそうです。

~おわり~

ミクターズ・セミナー ~その1~

f:id:barvirgo:20200131125752j:plain:right:w380
バーボンも造っていますがライウイスキーやサワーマッシュウイスキーも造っているミクターズ、なのでバーボンウイスキー・メーカーというよりアメリカンウイスキーのメーカーと思って頂いた方がしっくりくるブランドで、そのミクターズのセミナーに久しぶりに参加して来ました。
しかも元サントリーのチーフブレンダー、輿水精一氏のテイスティングセッションも組み込まれたセミナーで、今まで以上にその拘りが強く感じられるセミナーだったのでこのミクターズ、ちょっと皆さんにも紹介したくなりました。
という訳でセミナーで聞いて来た話など少し書きます。
まずミクターズ、そのルーツは1753年ペンシルバニア州で創業したシェンクス蒸溜所、その後19世紀にボンバーガーズ、そして1950年代に入って今のミクターズへとオーナーであったり名前であったりが変わっていき1988年、ペンシルバニア時代の終焉、蒸溜所は閉鎖されてしまったのです。
そんなミクターズ、ブランド自体は20世紀末1990年代後半に復活、ただその頃は稼動している蒸溜所からこれがミクターズだという原酒を購入し自社で熟成させたもので、この時代の原酒をセミナーではフェーズ・ワンと言っていました。
そして21世紀に入り自分達でマッシュビル(原料構成)を決めて自分のところのオリジナル酵母を使って但し、自前の蒸溜所はまだ無いので稼動している蒸溜所を間借りして造っていた時代の原酒をフェーズ・ツーと言い、それから2013年にケンタッキー・ルイビルに自社の蒸溜所を持てるようになり造りはじめた原酒をフェーズ・スリーと呼んで今に至ったそうです。
そして原酒を購入していた当時から味わいに拘っているというのは聞いて知ってはいたんですが、まだ前回のミクターズのセミナーに参加させて頂いた時は自前の蒸溜所が出来たばかりで日が浅く、味に対する拘りは伺ったんですが造りに対するこだわりの説明は今回ほどではなく、造りに対する拘りもここまで凄いのか!って感じが今回のセミナーではとても強く感じられたのでした。
じゃあどれだけ拘っているのか?
どこまであるじが紹介出来るか分かりませんが、その一端でも紹介出来ればと思います。
まず現在のミクターズ蒸溜所、ルイビルに2つの蒸溜所を所有しているそうです。
f:id:barvirgo:20200131142039j:plain:left:w3801つはメインで製造しているShivley Distillery(シヴリー蒸溜所)と、もう1つは街中に在るり見学なども出来るFort Nelson Distillery(フォートネルソン蒸溜所)だそうです。
そしてシヴリー蒸溜所の方はコラム(連続式蒸溜機)&ダブラー(単式蒸溜器)、フォートネルソン蒸溜所の方はポット(単式蒸溜器)&ポットでの製造を行なっているそうです。
これは余談になりますが、ポット&ポットはペンシルバニア時代の蒸溜方法なので、生産規模は小さくとも昔ながらの造りをちゃんと今も残しているんだとちょっと嬉しくなりましたね。
それとシヴリーの蒸溜機はどちらも銅製だそうで、これはアメリカの蒸溜所ではとても珍しいそうです。
f:id:barvirgo:20200131133204j:plain:left:w380また左の写真ですが一昨年の2018年からは自社農場を持ち、トウモロコシにライ麦・大麦と自社での栽培を始め原料造りからボトリングまでの全てを自社で行なうプログラムも始動させたそうです。
そしてこの農場で栽培された穀物類は、フォートネルソン蒸溜所の方で使われているそうです。


原料の穀物造りから製品化まで、本当に拘りがないと出来ないですよね。
でも拘りはまだここから、ミクターズが拘る6つの事というのがあったので、次回はその6つの拘りについて書かせてもらいます。

~続く~

余市蒸溜所 プラチナムVIP見学ツアー

f:id:barvirgo:20160923171941j:plain:right:w380ニッカウヰスキー余市蒸溜所の2月・3月の見学ツアーにプラチナムVIP見学ツアーというのがあります。
余市蒸溜所を余すことなくご堪能いただける最上級の見学ツアーだそうで、通常の見学コースに加え普段公開していない貴賓室や旧竹鶴邸も案内して貰えるそうです。
因みに余市蒸溜所正門2階にある貴賓室から眺める余市蒸溜所の風景は、きっと心に残ること間違いなし!だそうです。
そして見学後には専任講師のもと、余市オリジナルのキーモルト試飲が楽しめるそうです。
但しこのツアー、1回につき最大6名様となっていて早めに予約しないとあっという間に締め切られてしまいます。
実際2月のツアーはほぼ受付終了、ただ3月はまだまだ空いていましたし、基本土・日で1日2回のツアーなので曜日的な事とか考えると参加しやすいツアーじゃないかな、とも思うのです。
実際あるじも貴賓室から見た余市蒸溜所の風景は素敵だと思いましたし、旧竹鶴邸ではこんなところにこんなものがあるのか!とか、こんな拘りが、的なものを発見出来たりするので、それが見られるこのツアーは本当によいツアーだと思うのです。
そして先にも書いた通りまだ今なら3月のツアーは空きが多く間に合いそうです。
なので宜しかったら 余市蒸溜所 プラチナムVIP見学ツアー、皆さんも申し込んでみては如何?見学は本当に良い記念になると思います。
てな訳でお申し込みはこちら、参加費は1人税込3,000円だそうです。

スコットランド蒸溜所ツアー 2019 秋 ~28~

f:id:barvirgo:20191124221136j:plain:right:w380アバディーン
11/24(日)、今回のスコットランド蒸溜所見学ツアーもマッカラン蒸溜所で蒸溜所見学は全て終了。
グレンギリーに始まりグレンアラヒー、ベンロマック、グレンファークラスにグレングラント、そしてトマーティンにストラスアイラにアベラワーマッカランと見学させて頂いた蒸溜所が全部で9ヶ所、見学はしていませんが試飲をさせてくれたベンリアック蒸溜所、また外からスティルハウスが見られるグレンフィディック蒸溜所など、短いツアーではありましたが新たな発見やそれぞれの拘りなどいろいろ感じられ、とても為になるツアーをすることが出来たと我ながらエライなと思いました。
そんなわけで蒸溜所見学を終え最後はアバディーンの街に泊まりました。
アバディーンはスペイサイドを訪れる上ではとても良い街で、今回は着いたその日は時間も早かったのでスペイサイドに直ぐ入りましたが帰国前、最後の夜と空港に向かうまでの時間でちょっぴり観光をしたのでした。
で、因みにあるじが泊まったホテルはAberdeen Douglas Hotel(アバディーン・ダグラス・ホテル)、1848年創業といいますからかなり古いホテルではありましたが、アバディーンの駅及びバスターミナルにも近く、基本部屋にはバスタブも備えられているのでロケーションのみならず日本人にはありがたい入浴が出来るホテルでした。
そしてホテルにもパブが併設されているので飲むことが出来るんですがせっかくのアバディーンアバディーンで一番ウイスキーが揃っているというThe Grill(ザ・グリル)というバーというかパブで旅の〆のウイスキーを楽しみ、今回のツアー最後の夜は更けていったのでした。
そして11/25(月)、午前中は時間があったので街を散策し本当に今回の旅を終えることとなりました。
今回のツアーに参加してくださったS夫妻にM君O君、また3泊泊めて下さった皆川さんなどなど多くの皆様、また「小言」を読んでくださる皆様、本当に今回もありがとうございました。
今回のツアーで改めて思ったことの1つに何時かスコットランドを訪れ蒸溜所を見学したいと仰る方があるじ周りにも多くいますが、何時かなんて言っていたら駄目だなと思います。
現在のマッカラン蒸溜所を見学して、それでも感動は致します。
しかし昔のマッカラン蒸溜所を知っていればその感動というか驚きは何倍にもなるのです。
昔から変わらないものもたくさんあります。
しかし時間の経過とともに変わってしまうものもたくさんあるのです。
見られる時に見ておかないと無くなっていたり、違いが何なのか分からなくなるものも多いです。
アイラ島もそうです。
現在幾つかの蒸溜所が改装工事を行なっていて、今までとは大きく様相が変わります。
何時かなんて何時になるのか分からない事を言っていたら見られなくなるものが多くなります。
あるじは自分の体験を通して伝えられる事はお伝えいたしますが百聞は一見に如かず、皆さんももしウイスキーが好きならば是非この時と決めてスコットランドに、そして蒸溜所を訪れてみて下さい。きっと沢山の発見がある筈です。そしてその感動は一生忘れられないものになるとあるじは思っています。
なんて最後まであるじの下手な文章にお付き合い下さった皆様に改めて御礼申し上げ、スコットランド蒸溜所ツアー 2019 秋はこれで終わりとさせて頂きます。
本当にありがとうございました。